モカ・クラシック【豆のままでのお渡し】 [エチオピア シダモ チレ]

モカ・クラシック【豆のままでのお渡し】 [エチオピア シダモ チレ]

販売価格: 4,726円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

この商品は軽減税率の対象です。

:
数量:

商品詳細

・1kg 4,726円
(100g当り473円)
・4kg【1kg×4袋】 17,792円
(100g当り445円)

【風味の印象と特徴】華やかな香りと紅茶やアプリコットを想わせる風味。和三盆の様なやさしい甘さ。
 
 

 

【生産国】エチオピア/Ethiopia
【生産エリア】シダマ県、チレ郡、クンブルタ村/Kumburta,Chire,Sidama
【生産者】チレ郡の小規模農家
【ミル】チレ・コーヒー/Chire Coffee Pulping and Processing PLC
【標高】1,900m〜2,100m
【品種】エチオピア原種/Ethiopia Heirlooms
【生産処理方法】ウォッシュド/Washed

 


 

コーヒー発祥の地、エチオピアにおいて4代続く、歴史あるコーヒー輸出業者モプラコ社は、先代の故ヤンニ社長以来、素晴らしいエチオピア・モカコーヒーを日本に紹介してくれています。2008年に急死した父の跡を継いだエレアナ社長でしたが、彼女は当時ヨーロッパで長年暮らしており、現地語であるアムハラ語も十分に話せない状況でした。また、当時のECXという国内流通規制によって差別化されたコーヒーを輸出することができず、一方日本国内では残留農薬問題が起こり、エチオピアのコーヒー輸入量がほぼゼロになってしまいました。

CXという規制下では、生産したコーヒーは必ずECXの倉庫に納品しなければなりません。そして、輸出業者はECXからコーヒーを調達するのですが、生産者や細かい産地を指定して買い付けることができませんでした。その後、2015年頃にECXの規制が緩和されはじめ、スペシャルティコーヒーを中心にECXを通さずに輸出できるようになりました。つまり、モプラコ社も自社で作ったコーヒーを自分の手で輸出できるようになったのです。

以来、モプラコ社では、イルガチェフェ、シダモのエリアに自社直営のコーヒーウォッシングステーション(CWS)を作り、西部のシェカエリアには自社の農園を作り、独自のスペシャルティコーヒー作りに取り組み始めました。
また2022年頃から、特に高品質のコーヒーを生産する生産者とも関係構築を進め、中でもポテンシャルの高い産地で信頼のおけるミル業者とはパートナーとなり(資本提携)、幅広いコーヒーの供給に努めています。

このコーヒーもそうしたパートナーのCWSで作られたコーヒーです。シダマ県東部のコーヒー生産地の一つであるチレ・ウォレダ群の標高1,900-2,100mの地域にあります。モプラコ社からの出資を得た「Chire Coffee Pulping and Processing PLC」社がCWSの操業を行い、モプラコ社からの技術指導やマーケティングサポートを得て、高品質なスペシャルティコーヒーを世界に発信しています。

 
 

 
コーヒー豆は香りを閉じ込めた「香りのカプセル」です。お客様がコーヒーをいれる直前にそのカプセルを開けていただく(=挽く)ことが、美味しく飲んでいただく一番のコツです。
 
ヴォアラ珈琲では、挽きたてを手軽に楽しめる電動ミルをオススメしています。
 

 

レビュー

0件のレビュー