サマーデイズ250g [ペルー ジャクタパタ農園]

サマーデイズ250g [ペルー ジャクタパタ農園]

販売価格: 1,300円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

この商品は軽減税率の対象です。

挽き方::
形態:
数量:

商品詳細

 
【風味の特徴と印象】オレンジやイチジク、 カシューナッツを想わせる風味。 丸みのある口当たり。
 

 

【生産国】ペルー/Peru
【生産エリア】クスコ県、パウカルタンボ/Paucartambo, Cusco
【農園名】ジャクタパタ農園/Llactapata
【農園主】アグリピノ・ソンコ・チャラ/Agripino Soncco Chara
【標高】2,200m
【品種】ティピカ/Tyipica
【生産処理方法】フリーウォッシュド/Fully Washed

 


 

南米のコーヒー生産国ペルーは、日系人の多い国でもあり、マチュピチュやナスカの地上絵などは、世界的な観光地として日本でも人気、またアルパカの生まれ故郷として、親しみのあるコーヒー生産国です。
 スペシャルティコーヒーの生産地としては、あまり知られていませんでしたが、2017年からCup of Excellenceが開催されると、ペルー産スペシャルティコーヒーの品質の高さが世界中に知れ渡り、現在、生産者のほうでもスペシャルティコーヒーづくりへの熱意が急激に高まっています。ペルーのコーヒーの多くは小規模な農家の手によって生産されています。
標高5,000m級の山々が連なるアンデス山脈の山間や渓谷部で無名の生産者によって細々と作られたコーヒーの中に、素晴らしい風味を持ったものが次々と発見されています。

ケチュア語を話す生産者アグリピノ・ソンコ・チャラ氏は、3haのコーヒー植樹以外の農園では、妻と子供たちと協力し、アボガド・バナナ・柑橘類を生産しています。
メインの3haのコーヒー農園では、先代から引き継いだティピカ種と、カトゥーラ種を生産しており、その経験は35年に及びます。
自前の手動パルパーと、発酵・洗浄層を所有、真っ赤な赤実だけを収穫した後、タイムリーな洗浄、適切な乾燥、保管を実施、カップクォリティーの向上への意欲は途切れることがありません。

 



 
 【珈琲の挽き方の目安】

★ 豆のまま(コーヒーは、香りのカプセルだからダントツお勧め)
□ 粉(おまかせ/中粗挽きと中細挽きの中間)
□ 粗挽き(パーコレーター)
□ 中粗挽き(コーヒープレス)
□ 中粗挽き(金属フィルター)
□ 中粗挽き(ネルフィルター)
□ 中細挽き(ペーパーフィルター)
□ 細挽き(直火式エスプレッソ)
□ 極細挽き(エスプレッソマシン)

*お客様の使用するフィルターや器具に合わせて挽き具合を選択してください。

 


 
★ヴォアラ珈琲のおススメは断然【豆のまま】での購入です。
コーヒー豆は香りを閉じ込めた「香りのカプセル」です。お客様がコーヒーをいれる直前にそのカプセルを開けていただく(=挽く)ことが、美味しく飲んでいただく一番のコツです。
 
ヴォアラ珈琲では、挽きたてを手軽に楽しめる電動ミルをオススメしています。
 
  • お手軽に、ほっと一息コーヒータイム
  • まずはお試し。WEB限定のお得な送料無料セット