【Voilaの深焙り】モカ・ノアール 1kg【豆のままでのお渡し】 [エチオピア シダモ・アルベゴナ]

【Voilaの深焙り】モカ・ノアール 1kg【豆のままでのお渡し】 [エチオピア シダモ・アルベゴナ]

販売価格: 4,550円(税込)

この商品は軽減税率の対象です。

在庫あり
豆の挽き方:
数量:

商品詳細

 
【風味の印象と特徴】華やかな香りとビターキャラメルの様なコクと甘さ。丸みのある口当たり。
 

 

【生産国】エチオピア/Ethiopia
【生産エリア】シダマ州、シダマ県、アルベゴナ/Arbegona, Sidama, Sidama
【生産者】アルベゴナの小規模農家
【精選者】タデッセ・ヨンカ/Tadesse Yonka
【標高】2,100m〜2,300m
【品種】エチオピア原種/Ethiopia Heirlooms

 

アラビカコーヒーの原産国 ・エチオピア。コーヒーの木が森の中や庭先に自生しているこの国には1000年以上に渡るコーヒーの歴史があり、日本の茶道に似たようなコーヒーセレモニーは生活に密着した文化となっています。
シダモはエチオピアの代表的なコーヒー産地の一つで、主にガーデンコーヒーの生産地です。ガーデンコーヒーでは、各農家の畑・農園にコーヒーの木が栽培されています。主食となるエセバナナと一緒に混植され、エセバナナはシェードツリーの役割をはたしています。(エセバナナでは、バナナの実はならず、茎の芯を発酵、調理して食べます。)
シダマ県という地域がありますが、シダマ県内外を含め、エチオピア南部のコーヒーの総称としてシダマ/シダモと呼ばれており、エチオピア産スペシャルティコーヒーのほとんどが、この南部のコーヒーになります。その中でももっとも品質が優れたコーヒー産地として有名なのは、ゲデオ県(コーヒーの名前はイルガチェフェ)、シダマ県、グジ県の3つです。
(※エチオピアの地名のアルファベット表記は語尾があやふやなことが多いのですが、以前はSIDAMOと書いていたものの、現在ではSIDAMAが正式な呼び名となっておりますが、コーヒー業界では、従来からのSIDAMOという呼び名が定着しております。どちらがより正式かというとSIDAMAになりますが、一般的になじみがあるのはSIDAMOということになりましょうか。)

シダマ県は、エチオピア南部のコーヒーの中心地であり、中でもシダマ県東部は標高が高い優良生産地として、スペシャルティコーヒーバイヤーから高い注目を集めています。第1回エチオピアCOEで優勝したコーヒーもシダマ県のコーヒーでした。
シダマ県東部の産地としては、アルベゴナ、ベンサ、アロレサ、チレといった郡が有名で、今回のコーヒーは、アルベゴナ(Arbegona)郡、標高2100-2300mのハメショ村のコーヒーです。
各農家で収穫されたコーヒーチェリーは、タデッセ・ヨンカ父子が30年以上にわたって営むコーヒーウォッシングステーション(Coffee Washing Statio=CWS)に運ばれます。CWSでは、集荷されたコーヒーチェリーの水洗処理〜天日乾燥までを行い、専門的な知識経験をもってコーヒーの水洗処理や天日乾燥が行われています。


 
 2011年アフリカのコーヒー生産国を訪れたヴォアラ珈琲の井ノ上の「アフリカ日記」はこちらから。
 
 
 
 

 
コーヒー豆は香りを閉じ込めた「香りのカプセル」です。お客様がコーヒーをいれる直前にそのカプセルを開けていただく(=挽く)ことが、美味しく飲んでいただく一番のコツです。
 
ヴォアラ珈琲では、挽きたてを手軽に楽しめる電動ミルをオススメしています。
 

 

  • お手軽に、ほっと一息コーヒータイム
  • まずはお試し。WEB限定のお得な送料無料セット