【感謝価格】セルタンジーニョ農園250g [ブラジル]

【感謝価格】セルタンジーニョ農園250g [ブラジル]

販売価格: 1,100円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

この商品は軽減税率の対象です。

挽き方::
形態:
数量:

商品詳細

 
今だけの感謝価格!1,300円→1,100円!
 
 
【風味の特徴と印象】巨峰やオレンジを想わせる風味。ミルクチョコの様な甘さ。
 

 

【生産国】ブラジル/Brazil
【生産エリア】ミナスジェライス、ボテリョス/Botelhos, Minas Gerais
【農園名】セルタンジーニョ農園/Fazenda Sertaozinho
【農園主】ジョゼ・ヘナト・ゴンサルベス/Jose Renato Goncalves
【生産処理方法】パルプドナチュラル/Pulped Natural
【標高】1,000〜1,200m
【品種】イエローブルボン/Yellow Bourbon

 


 

セルタンジーニョ農園が位置するのは、ミナスジェライス州の南部にある小さな町、ボテリョスです。この農園の初めての収穫は1948年でした。以来、コーヒーはこの農園の主要産品で、標高は1200mに達します。この地理的条件と素晴らしい気候が平均気温19度、年間1600mmの降水量となっています。農園の斜面は機械収穫するには急なため、収穫は人手で、注意深く行われ、収穫後すぐにパルパーへ向かいます。その後、乾燥プロセスはパティオの上での天日乾燥、豆を保護するために木綿の布が敷かれています。この段階では機械乾燥は使われません。11%まで水分値が下がると、木製のサイロに移され、最低30日寝かせられます。収穫以降、ドライミルに至るまで、すべてのプロセスはこの農園の中で行われています。この素晴らしいケアは、植物や農園だけに行われているわけではありません。従業員も同様です。健康・医療負担は無制限、定期的な専門トレーニング、子供のために学校が用意され、ここで働くすべての人に良い労働環境が維持されています。「農園としては、ここのコーヒーを世話してくれる人たちをお世話する必要があります」ジョゼ・ヘナト氏は言います。
これらの活動は、例えば社会環境マネジメントのUTZ 認証システムや BSCAなどの第三者認証を受けています。ISO9001/2002 品質管理システムは、各ロットの背景を文書に残し、総合的なコーヒーの品質管理を保証しています。



  

【珈琲の挽き方の目安】

★ 豆のまま(コーヒーは、香りのカプセルだからダントツお勧め)
□ 粉(おまかせ/中粗挽きと中細挽きの中間)
□ 粗挽き(パーコレーター)
□ 中粗挽き(コーヒープレス)
□ 中粗挽き(金属フィルター)
□ 中粗挽き(ネルフィルター)
□ 中細挽き(ペーパーフィルター)
□ 細挽き(直火式エスプレッソ)
□ 極細挽き(エスプレッソマシン)

*お客様の使用するフィルターや器具に合わせて挽き具合を選択してください。

 


 
★ヴォアラ珈琲のおススメは断然【豆のまま】での購入です。
コーヒー豆は香りを閉じ込めた「香りのカプセル」です。お客様がコーヒーをいれる直前にそのカプセルを開けていただく(=挽く)ことが、美味しく飲んでいただく一番のコツです。
 
ヴォアラ珈琲では、挽きたてを手軽に楽しめる電動ミルをオススメしています。
 
  • お手軽に、ほっと一息コーヒータイム
  • まずはお試し。WEB限定のお得な送料無料セット