【感謝価格】セーハ・ダス・トレス・バハス農園250g [ブラジル]

【感謝価格】セーハ・ダス・トレス・バハス農園250g [ブラジル]

販売価格: 1,080円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

この商品は軽減税率の対象です。

挽き方::
形態:
数量:

商品詳細

 
今だけの感謝価格!1,296円→1,080円!
 
 
【風味の特徴と印象】レーズンやマカダミアナッツを想わせる風味。ブラウンシュガーの様な甘さ。
 

 

【生産国】ブラジル/Brazil
【生産エリア】カルモデミナス/Carmo de Minas
【農園名】セーハ・ダス・トレス・バハス農園/Serra das Tres Barras
【農園主】ジョゼ・ワグネル・ヒベイロ・ジュンケイラ/Jose Wagner Ribeiro Jqueira
【生産処理方法】パルプドナチュラル/Pulped Natural
【標高】1,100 ~ 1,450m
【品種】イエローブルボン/Yellow Boubon

 


 

この農園はミナスジェライス州マンチケイラ山脈の高原地帯のカルモ・デ・ミナスに位置します。1,100m〜1,450mの標高に加え、高品質コーヒー栽培のための適度な気候、降水量に恵まれています。この農園の歴史は18世紀にペレイラ家の先祖がポルトガルからこの地に移民したことから始まります。最初にコーヒーが栽培されたのは1866年で1904年に現在のオーナーの祖父ガブリエル・ジュンケイラがこの農園の管理を始めました。品質に関する発展は1941年にこの地で最初のコーヒー精選機の操作が行われたことから始まりました。1922年には、パティオとサイフォンタンクが作られています。パルピングマシーンや、農園で使う電気エネルギーを得るため、町で初めての水力発電さえも作られました。1994年にこの農園はさらに2つに分けられ、標高の高い方の部分を現在の所有者であるジョゼ・ワグネル・ヒベイロ・ジュンケイラが所有しました。肥沃な土壌、適度な標高、光合成に必要な十分な太陽光線の量、適度な降水量はスペシャルティコーヒー生産には理想的な環境です。これにジュンケイラファミリーの生産者としてのプロ意識が融合して当地でも最高のコーヒーを生産しているのです。品種の選別、栽培方法、さらに収穫、生産処理の研究に専念するにまで及んでいます。 



  

【珈琲の挽き方の目安】

★ 豆のまま(コーヒーは、香りのカプセルだからダントツお勧め)
□ 粉(おまかせ/中粗挽きと中細挽きの中間)
□ 粗挽き(パーコレーター)
□ 中粗挽き(コーヒープレス)
□ 中粗挽き(金属フィルター)
□ 中粗挽き(ネルフィルター)
□ 中細挽き(ペーパーフィルター)
□ 細挽き(直火式エスプレッソ)
□ 極細挽き(エスプレッソマシン)

*お客様の使用するフィルターや器具に合わせて挽き具合を選択してください。

この度、コーヒープレスの挽き具合による味の違いの検証を実施した結果、挽き具合を今までの粗挽きから中粗挽きに変更する運びとなりました。中粗挽きで抽出することにより、味がより鮮明になることがわかりました。今までの粗挽きより若干細かくなる為、粉が出てしまう傾向が強くなりますが、それでも味の面では勝る為中粗挽きを採用することにいたしました。それに伴い、9月6日(日)のお昼12時以降ご注文のお客様で、コーヒープレス用の挽き具合を選ばれたコーヒーは、中粗挽きで発送いたします。袋の裏面の挽き具合のチェックの欄はコーヒープレスのところに今まで通りチェックを入れます。コーヒープレス愛好家の方にもぜひお試し、検証していただけると幸いです。

※今まで通りの粗挽きをご希望の方は、お手数ですが挽き具合の選択の際「□ 粗挽き(パーコレーター)」をお選びください。

 


 
★ヴォアラ珈琲のおススメは断然【豆のまま】での購入です。
コーヒー豆は香りを閉じ込めた「香りのカプセル」です。お客様がコーヒーをいれる直前にそのカプセルを開けていただく(=挽く)ことが、美味しく飲んでいただく一番のコツです。
 
ヴォアラ珈琲では、挽きたてを手軽に楽しめる電動ミルをオススメしています。
 
  • お手軽に、ほっと一息コーヒータイム
  • まずはお試し。WEB限定のお得な送料無料セット