【感謝価格】フロール・デ・マヨ農園250g [ペルー]

【感謝価格】フロール・デ・マヨ農園250g [ペルー]

販売価格: 1,080円(税込)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

この商品は軽減税率の対象です。

豆の挽き方::
形態:
数量:

商品詳細

 
今だけの感謝価格!
¥1,296→¥1,080!!
 
【風味の特徴と印象】プルーンやオレンジを想わせる様な風味。キャラメルの様な甘さと丸みのある口当たり。
 

【生産国】ペルー/Peru
【生産エリア】プーノ県、サンディア、マンクアリ、イナンバリ渓谷/Puno, Sandia, Mancuari, Valle Inambari
【農園名】フロール・デ・マヨ農園 /Flor de Mayo
【農園主】シモン・ママーニ・ヘミオ/Simon Mamani Gemio
【生産処理方法】ウォッシュド/Washed
【標高】1,620m
【品種】ティピカ、ブルボン、カトゥーラ/Typica, Bourbon, Caturra


 

南米に位置するペルーは日系人の多い国で、マチュピチュやナスカの地上絵などの観光地として日本でも有名です。アルパカの生まれ故郷としても親しまれています。元来スペシャルティコーヒーの生産地としては知られていませんでしたが、2017年の
COE開催をきっかけにペルー産スペシャルティコーヒーの品質の高さが世界中に知れ渡り、現在は生産者もスペシャルティコーヒー生産への熱意が高まっています。
ペルーのコーヒーはその多くが小規模な農家の手によって作られています。標高5000メートル級の山々が連なるアンデス山脈の山間部や渓谷地域の小規模農家によって作られたコーヒーの中から素晴らしい風味を持ったものが次々と発見されています。

フロール・デ・マヨ農園はペルー最南端のプーノ県、イナンバリ渓谷に位置します。この地域はCOE前身の国内品評会で何度も優勝農園を輩出した有望な生産エリアです。農園主のシモン氏はケチュア族で、今まで25年間コーヒーを栽培してきました。現在では奥さんや息子さん達と一緒に働き持続可能な農業に取り組み、その地域に生息する草花や動物、水資源、土地を大切にしています。チェリーはセレクティブピッキング、手動の果肉除去機を使い木製の槽を使って発酵や洗浄を適切に行い、乾燥や保管も丁寧に行われています。事実素晴らしい品質のコーヒーという結果を出しています。

 


 

【珈琲の挽き方の目安】

★ 豆のまま(コーヒーは、香りのカプセルだからダントツお勧め)
□ 粉(おまかせ/中粗挽きと中細挽きの中間)
□ 粗挽き(パーコレーター)
□ 中粗挽き(コーヒープレス)
□ 中粗挽き(金属フィルター)
□ 中粗挽き(ネルフィルター)
□ 中細挽き(ペーパーフィルター)
□ 細挽き(直火式エスプレッソ)
□ 極細挽き(エスプレッソマシン)

*お客様の使用するフィルターや器具に合わせて挽き具合を選択してください。

この度、コーヒープレスの挽き具合による味の違いの検証を実施した結果、挽き具合を今までの粗挽きから中粗挽きに変更する運びとなりました。中粗挽きで抽出することにより、味がより鮮明になることがわかりました。今までの粗挽きより若干細かくなる為、粉が出てしまう傾向が強くなりますが、それでも味の面では勝る為中粗挽きを採用することにいたしました。それに伴い、9月6日(日)のお昼12時以降ご注文のお客様で、コーヒープレス用の挽き具合を選ばれたコーヒーは、中粗挽きで発送いたします。袋の裏面の挽き具合のチェックの欄はコーヒープレスのところに今まで通りチェックを入れます。コーヒープレス愛好家の方にもぜひお試し、検証していただけると幸いです。

※今まで通りの粗挽きをご希望の方は、お手数ですが挽き具合の選択の際「□ 粗挽き(パーコレーター)」をお選びください。


 
★ヴォアラ珈琲のおススメは断然【豆のまま】での購入です。
コーヒー豆は香りを閉じ込めた「香りのカプセル」です。お客様がコーヒーをいれる直前にそのカプセルを開けていただく(=挽く)ことが、美味しく飲んでいただく一番のコツです。
 
ヴォアラ珈琲では、挽きたてを手軽に楽しめる電動ミルをオススメしています。コーヒーミルはこちらから
 
  • お手軽に、ほっと一息コーヒータイム
  • まずはお試し。WEB限定のお得な送料無料セット