【感謝価格】ラ・プラデラ農園250g [コロンビア]

【感謝価格】ラ・プラデラ農園250g [コロンビア]

販売価格: 1,000円(税別)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

この商品は軽減税率の対象です。

豆の挽き方::
形態:
数量:

商品詳細

 
今だけの感謝価格!
¥1,200→¥1,000!!
 
【風味の特徴と印象】マンゴーやダークチェリー、レモネードを想わせる風味。丸みのある口当たり。
 

【生産国】コロンビア/Colombia
【生産エリア】ウィラ県、ラ・プラタ、サン・フランシスコ/San Francisco Alto, La Plata, Huila
【農園名】ラ・プラデラ農園/Finca La Pradera
【農園主】イグナシオ・アリアス/Ignacio Arias
【標高】2,000m
【品種】カトゥーラ/Caturra
【生産処理方法】フリーウォッシュド/Fully Washed


 
 ラ・プラデラ農園はオーナーであるイグナシオ氏と家族で営んでいます。イグナシオ氏はカウカ県、マタ・デ・グアデュアという町にももう1つコーヒー農園を所有しています。どちらの農園のコーヒーも自宅横にあるウェットミルで生産処理を行っています。2000メートルを超える標高、ラ・プラタエリアの恵まれたマイクロクライメイトは、コーヒー生産の為の良い条件が揃っています。そのポテンシャルを最大限に生かすことができるよう日々努力を重ねています。
人里離れた場所で生活しているウィラ県の生産者たちは(イグナシオ氏含め)は、スペシャルティコーヒー市場への参加機会を得られずにいました。そのため、2013年までは同地域の大規模農協へ所属し品質に関係なくウェットパーチメントを販売していました。その頃から一生懸命にコーヒー栽培に取り組んでおり、品質に関係なく販売しなければいけないことに不満を持っていました。しかしながら、自分たちの農園のポテンシャルやより高い品質のコーヒーを生産するための知識や術を得る機会もなかったのです。しかし、その後ウィラ県の秘めたポテンシャルに気が付いた20人の生産者たちが小規模な生産者グループAproco agroshを設立しました。2015年にはAproco agroshに賛同する組織と協同し、短期間で30人もの生産者が所属する農協へと成長しました。
 
 


 

【珈琲の挽き方の目安】

★豆のまま(コーヒーは、香りのカプセルだからダントツお勧め)
□ 粉(おまかせ/中粗挽きと中細挽きの中間)
□ 粗挽き(パーコレーター)
□ 中粗挽き(コーヒープレス/金属フィルター/ネルフィルター)
□ 中細挽き(ペーパーフィルター)
□ 細挽き(直火式エスプレッソ)
□ 極細挽き(エスプレッソマシン)

*お客様の使用するフィルターや器具に合わせて挽き具合を選択してください。

この度、コーヒープレスの挽き具合による味の違いの検証を実施した結果、挽き具合を今までの粗挽きから中粗挽きに変更する運びとなりました。中粗挽きで抽出することにより、味がより鮮明になることがわかりました。今までの粗挽きより若干細かくなる為、粉が出てしまう傾向が強くなりますが、それでも味の面では勝る為中粗挽きを採用することにいたしました。それに伴い、9月6日(日)のお昼12時以降ご注文のお客様で、コーヒープレス用の挽き具合を選ばれたコーヒーは、中粗挽きで発送いたします。袋の裏面の挽き具合のチェックの欄はコーヒープレスのところに今まで通りチェックを入れます。コーヒープレス愛好家の方にもぜひお試し、検証していただけると幸いです。

2020年9月6日12:00までのご注文
□ 粗挽き(コーヒープレス/パーコレーター)
□ 中粗挽き(金属フィルター/ネルフィルター)

2020年9月6日12:00以降のご注文
□ 粗挽き(パーコレーター)
□ 中粗挽き(コーヒープレス/金属フィルター/ネルフィルター)

※今まで通りの粗挽きをご希望の方は、お手数ですが挽き具合の選択の際「□ 粗挽き(パーコレーター)」をお選びください。


 
★ヴォアラ珈琲のおススメは断然【豆のまま】での購入です。
コーヒー豆は香りを閉じ込めた「香りのカプセル」です。お客様がコーヒーをいれる直前にそのカプセルを開けていただく(=挽く)ことが、美味しく飲んでいただく一番のコツです。
 
ヴォアラ珈琲では、挽きたてを手軽に楽しめる電動ミルをオススメしています。コーヒーミルはこちらから
 
  • お手軽に、ほっと一息コーヒータイム
  • まずはお試し。WEB限定のお得な送料無料セット