【COEブラジルPN】サント・アントニオ農園1kg

【COEブラジルPN】サント・アントニオ農園1kg

販売価格: 6,500円(税込)

在庫あり
豆の挽き方:
数量:

商品詳細

 
【風味の特徴と印象】オレンジやパイナップル、梨を想わせる風味。クリーミーな口当たりでミルクチョコの様な甘さが続きます。

【生産国】ブラジル/Brazil
【生産エリア】シャパーダ、ディアマンティーナ、バイーア/Chapada,Diamantina,Bahia-Ba
【農園名】サント・アントニオ農園/Sitio Santo Antonio
【農園主】アントニオ・マセド・ソウサ/Antonio mascedo Souza
【標高】1,300〜1,310m
【品種】カトゥアイ/Catuai
【生産処理方法】パルプドナチュラル/Pulped Natural

この農園はシャパーダ、ディアマンティーナ地区の標高1,300m付近に位置しており、収穫期である冬には気温が下がり非常に寒く感じる地域です。この寒暖差によりチェリーの結実に良い影響を及ぼし、スペシャルティコーヒーとしての品質、生産を助長しています。生産者であるソウサ氏はZinho(ジーニョ)の愛称で親しまれ、特段の品質ケアはBSCA(Brazil Specialty Coffee Association)主催のコーヒーコンペティションでも過去いくつかの受賞成績を上げています。今回の受賞コーヒーはパルプドナチュラル製法にて仕上げられており、熟した赤実のみを収穫。パルピング後グリーンハウスと呼ばれるビニールで覆われた乾燥場で水分調整を行う為に、管理された数値までゆっくりと乾燥されます。

 


 
★ヴォアラ珈琲のおススメは断然【豆のまま】での購入です。
コーヒー豆は香りを閉じ込めた「香りのカプセル」です。お客様がコーヒーをいれる直前にそのカプセルを開けていただく(=挽く)ことが、美味しく飲んでいただく一番のコツです。
 
ヴォアラ珈琲では、挽きたてを手軽に楽しめる電動ミルをオススメしています。コーヒーミルはこちらから