【季節のお買い得コーヒー】ブエノス・アイレス農園1kg【豆のままでのお渡し】 [ニカラグア]

【季節のお買い得コーヒー】ブエノス・アイレス農園1kg【豆のままでのお渡し】 [ニカラグア]

販売価格: 2,900円(税込)

在庫あり
豆の挽き方::
数量:

商品詳細

 
季節のお買い得コーヒー
¥1,100→¥800!!
 
【風味の特徴と印象】アーモンドやプルーンを想わせる風味。滑らかな口当たりでキャラメルの様な甘さが続きます。
 

このコーヒーは、エル・リノ(El Lino)と呼ばれるブエノス・アイレス農園の中でも一番標高の高いエリアで収穫されたものです。マラカトゥーラという品種なので、通常より粒が大きめです。

【生産国】ニカラグア/Nicaragua
【生産エリア】ディピルト、ヌエバ・セゴビア/Dipilto, Nueva Segovia
【農園名】ブエノス・アイレス農園(エル・リノ)/Finca Buenos Aires El Lino
【農園主】ルイス・エミリオ・ヴァジャダレス氏/Luis Emilio Valladarez
【生産処理方法】フリーウォッシュド/fully Washed
【標高】1,550m
【品種】マラカトゥーラ/Mara Caturra


 
このブエノス・アイレス農園はニカラグア北部、ホンジュラス国境に接するヌエバ・セゴビア県、オコタル地区に位置します。このヴァジャダレスファミリーは元々ホンジュラスに住んでいましたが、45年前に内戦がひどくなり、ニカラグアに移り住んできました。小さな土地からスタートし、だんだん近くの土地を買い足し、現在のブエノス・アイレス農園になりました。現在このファミリーは10の農園を所有しています。4代目となる農園主ルイス・エミリオ氏、オルマン氏の兄弟で農園を管理していますが、彼らのお父さんのルイス氏も70歳を超えていますが、毎朝5時から農園で働いています。
 
 
 
2018年3月にスタッフ高橋がこのブエノス・アイレス農園を訪れました。
左から、オルマン、高橋、ルイス・エミリオ
 

 
 
 

 
★ヴォアラ珈琲のおススメは断然【豆のまま】での購入です。
コーヒー豆は香りを閉じ込めた「香りのカプセル」です。お客様がコーヒーをいれる直前にそのカプセルを開けていただく(=挽く)ことが、美味しく飲んでいただく一番のコツです。
 
ヴォアラ珈琲では、挽きたてを手軽に楽しめる電動ミルをオススメしています。コーヒーミルはこちらから