ケニア・クラシック 250g [カビンガラ ウェットミル]

ケニア・クラシック 250g [カビンガラ ウェットミル]

販売価格: 1,200円(税込)

在庫あり
豆の挽き方:
数量:

商品詳細

 
【風味の印象と特徴】カシスやプルーン、ブラッドオレンジを想わせる風味。丸い口当たりと、フルーティーな甘さが長く続きます。
 

【生産国】ケニア/Kenya
【生産エリア】キリニャガ/Kirinyaga County
【生産者】キリニャガ地区の小規模農家
【組合】カリタチ農業共同組合/Karithathi Farmers Cooperative Society
【ミル】カビンガラ ウェットミル/Kabingara Wet Mill
【標高】1,685m
【品種】SL34,Ruiru11
【生産処理方法】フリーウォッシュド/Fully Washed


 

カビンガラ ウェットミルはコーヒー栽培エリアとしてとても恵まれているケニア中央部に1988年に設立されました。現在は約3ha、生産処理工程と乾燥テーブルのための十分なスペースを備えています。カリタチ農業共同組合に所属しており、この組合には4つの近隣の村の生産者たちが加盟しています。ウェットミルマネージャーのニュートン氏は6人の常駐スタッフと運営管理しており、収穫期の忙しい時期には数人のサポートスタッフも設けます。彼らの仕事は主に生産者が持ち込んだチェリーの計量や選択・グレーディング、現金取扱管理等です。このウェットミルでは品質向上や生産量拡大のため、Coffee Management Services(CMS)を導入しています。生産者へのセミナー(Good Agricultural Practice)や肥料提供を行い、生産者が継続的に品質の良いコーヒーを作り続けられるように、融資支援や必要物資や器具の提供も行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  
2011年アフリカのコーヒー生産国を訪れたヴォアラ珈琲の井ノ上の「アフリカ日記」はこちらから。
 
 
 

 
【珈琲の挽き方の目安】
 
豆のまま(コーヒーは、香りのカプセルだからダントツお勧め)

□ 粉(おまかせ/中粗挽きと中細挽きの中間)
□ 粗挽き(コーヒープレス/パーコレーター)
□ 中粗挽き(金属フィルター/ネルフィルター)
□ 中細挽き(ペーパーフィルター)
□ 細挽き(直火式エスプレッソ)
□ 極細挽き(エスプレッソマシン)

*お客様の使用する器具に合わせて挽き具合を選択してください。

 

 
コーヒー豆は香りを閉じ込めた「香りのカプセル」です。お客様がコーヒーをいれる直前にそのカプセルを開けていただく(=挽く)ことが、美味しく飲んでいただく一番のコツです。
 
ヴォアラ珈琲では、挽きたてを手軽に楽しめる電動ミルをオススメしています。