サマーデイズ250g [ペルー サン・エバリスト農園]

サマーデイズ250g [ペルー サン・エバリスト農園]

販売価格: 1,100円(税込)

在庫あり
挽き方::
数量:

商品詳細

 
【風味の印象】りんごや桃を想わせる爽やかでジューシーな風味。滑らかな口当たりで、はちみつの様な甘さが長く続きます。
 

【生産国】ペルー/Peru
【生産エリア】ペルー南部、サンディア渓谷、アルトイナンバリ/Alto Inambari,Sandia Valley
【農園名】サン・エバリスト農園/San Evaristo
【農園主】フェリシアナ・ヘミオ・ルケ/Feliciana Gemio Luque
【農協】セコバサ/CECOVASA
【標高】1,985m
【品種】ブルボン、カトゥーラ/Bourbon,Caturra
【生産処理方法】フリーウォッシュド/Fully Washe


 
ペルーは日本の約3.5倍と大きな国で、コーヒーはこの広い国土のほぼ全域で栽培されています。特に同国北部のカハマルカ、アマゾナス、中部のチャンチャマヨ地区は古くからの名産地として名を馳せています。
今回ご紹介するサン・エバリスト農園はペルー南部、南東の国境はボリビアと接している高地プーノの山奥、サンディアにあります。この地域はボリビアに近いこともあり、栽培方法、品種の違いから、同国の他山地のコーヒーとは一線を画すフレーバーを持ち合わせています。もともと標高3800m近辺のチチカカ湖近郊に住んでいたアイマラ族は、1930年代にラニーニャ現象の影響を受け土地の肥沃な「低地」を求めました。(ここでいう低地は1800mの高地です。)そうして移住したサンディア渓谷エリアでは、ボリビアのユンガス地域で働いていたアイマラ族の労働者により、コーヒーの木が植えられました。そのため、栽培方法及び品種はボリビアに似ており、在来種の割合が多いためか、そのフレーバーはエキゾチックさが特徴です。
 
 
 

【珈琲の挽き方の目安】
 
豆のまま(コーヒーは、香りのカプセルだからダントツお勧め)

□ 粉(おまかせ/中粗挽きと中細挽きの中間)
□ 粗挽き(コーヒープレス/パーコレーター)
□ 中粗挽き(金属フィルター/ネルフィルター)
□ 中細挽き(ペーパーフィルター)
□ 細挽き(直火式エスプレッソ)
□ 極細挽き(エスプレッソマシン)

*お客様の使用する器具に合わせて挽き具合を選択してください。


 
★ヴォアラ珈琲のおススメは断然【豆のまま】での購入です。
コーヒー豆は香りを閉じ込めた「香りのカプセル」です。お客様がコーヒーをいれる直前にそのカプセルを開けていただく(=挽く)ことが、美味しく飲んでいただく一番のコツです。