ケニア・クラシック 250g [カリンガ ウェットミル]

ケニア・クラシック 250g [カリンガ ウェットミル]

販売価格: 1,200円(税込)

在庫あり
豆の挽き方:
数量:

商品詳細

 
【風味の印象と特徴】カシスやグレープフルーツ、ジャスミンを想わせる華やかでフルーティーな風味。レモネードの様な甘さが長く続きます。
 

【生産国】ケニア/Kenya
【生産エリア】キアンブ/Kiambu County
【生産者】キアンブ地区の小規模農家
【組合】GITWE農業共同組合/Gitwe Farmers Cooperative Society
【ミル】カリンガウェットミル/Karinga Factory
【標高】1,840m
【品種】SL28,SL34,Ruiru11
【生産処理方法】フリーウォッシュド/Fully Washed


 

カリンガウェットミルは、GITWE農業共同組合の一部として1983年に設立されました。GITWE農業共同組合には4つの近隣の村(Kimaruri,Karungu,Gachiha,Mugalwa)の生産者たちがコーヒーを供給しています。赤く熟したチェリーを摘んだ後、チェリーをパルピングする前に、小さな生産者たちによってウェットミルへ持ち込まれます。現在、生豆を傷つけないパーチメント内の層から外皮と実を剥がすディスク型のパルパーを使用しています。パルピングの後一晩発酵させ、翌朝丁寧にきれいな水で洗います。それから、アフリカンベッドの上に広げ、乾燥工程へはいります。乾燥時間に関しては、気候や温度、収穫の量にもよりますが、約7〜15日間乾燥させます。乾燥工程中は頻繁にかき混ぜたり、欠点豆などの除去も行います。

 

 


  
2011年アフリカのコーヒー生産国を訪れたヴォアラ珈琲の井ノ上の「アフリカ日記」はこちらから。
 
 
 

 
【珈琲の挽き方の目安】
 
豆のまま(コーヒーは、香りのカプセルだからダントツお勧め)

□ 粉(おまかせ/中粗挽きと中細挽きの中間)
□ 粗挽き(コーヒープレス/パーコレーター)
□ 中粗挽き(金属フィルター/ネルフィルター)
□ 中細挽き(ペーパーフィルター)
□ 細挽き(直火式エスプレッソ)
□ 極細挽き(エスプレッソマシン)

*お客様の使用する器具に合わせて挽き具合を選択してください。

 

 
コーヒー豆は香りを閉じ込めた「香りのカプセル」です。お客様がコーヒーをいれる直前にそのカプセルを開けていただく(=挽く)ことが、美味しく飲んでいただく一番のコツです。
 
ヴォアラ珈琲では、挽きたてを手軽に楽しめる電動ミルをオススメしています。