お問い合わせはフリーダイアル0120-86-4151お問い合わせ時間10:00~18:00

ホーム | フルーティーな味わい > ケニア・クラシックケニア・クラシック 250g
商品詳細

ケニア・クラシック 250g[イレラ ウェットミル]

販売価格: 1,100円 (税込)
[在庫あり]
豆の挽き方:
数量:
 
ケニア・クラシック
イレラ ウェットミル
 
【風味の印象と特徴】カシスやブラッドオレンジを想わせる風味。丸みのある口当たりで、黒糖の様な甘さが続きます。
 

【生産国】ケニア/Kenya
【生産エリア】ガイチャンジル、ムランガ/Murang'a County,Gaichanjiru Location
【生産者】ガイチャンジル地区の小規模農家
【組合】カルイア農業共同組合/Karuia Farmers Cooperative Society
【ミル】イレラウェットミル/Irera Wet Mill
【標高】1,500m
【品種】SL28,K7,Ruiru11,Batian
【生産処理方法】フリーウォッシュド/Fully Washed


 

カルイア農業共同組合は、2005年に正式に登録され、4つのウェットミルを持っています。現在、3290もの小規模生産者が所属しており、約460,000本のコーヒーの樹が植わっています。
赤く熟したチェリーのベストなタイミングでのセレクトピッキングの指導を行っています。摘み取られたチェリーは、同日中にウェットミルへ持ち込まれます。まずウェットミルではパルピングされる前にチェリーの選別が行われます。チェリーは未完熟、過熟、異物から分けられ、完全完熟のチェリーは次の工程に進められます。パルピング後、16-18時間醗酵工程をとり、洗います。このウェットミルでは、クリーンな河川水を使い水洗処理しています。ここで使用された水は、廃棄される前にろ過されリサイクルされています。水洗処理を終えたパーチメントは、水分値が10.5-11.5%になるまで天日乾燥させます。ドライパーチメントはDry Millへ運ばれ、グレーディングや脱穀等の作業が行われます。

 
 
 

  
2011年アフリカのコーヒー生産国を訪れたヴォアラ珈琲の井ノ上の「アフリカ日記」はこちらから。
 
 
 

 
【珈琲の挽き方の目安】
 
豆のまま(コーヒーは、香りのカプセルだからダントツお勧め)

□ 粉(おまかせ/中粗挽きと中細挽きの中間)
□ 粗挽き(コーヒープレス/パーコレーター)
□ 中粗挽き(金属フィルター/ネルフィルター)
□ 中細挽き(ペーパーフィルター)
□ 細挽き(直火式エスプレッソ)
□ 極細挽き(エスプレッソマシン)

*お客様の使用する器具に合わせて挽き具合を選択してください。

 

 
コーヒー豆は香りを閉じ込めた「香りのカプセル」です。お客様がコーヒーをいれる直前にそのカプセルを開けていただく(=挽く)ことが、美味しく飲んでいただく一番のコツです。
 
ヴォアラ珈琲では、挽きたてを手軽に楽しめる電動ミルをオススメしています。