お問い合わせはフリーダイアル0120-86-4151お問い合わせ時間水~月9:00~19:00

ホーム | コクのある味わい > グアテマラ・クラシックグアテマラ・クラシック500g
商品詳細

グアテマラ・クラシック500g[ウナプー農園]

販売価格: 1,998円 (税込)
[在庫あり]
豆の挽き方::
数量:
グアテマラ・クラシック
ウナプー農園
 
 【風味の印象と特徴】マスカットやグレープフルーツの様な爽やかさ。アーモンドを想わせる風味、滑らかな口当たり。
 

 

【生産国】グアテマラ/Guatemala
【生産エリア】アンティグア、サカテペケス県/Antigua Sacatepequez
【農園名】ウナプー農園/Finca Hunapu
【生産者】アンティグア小規模生産者連合
【生産処理方法】フリーウォッシュド/Fully Washed
【標高】1,500m〜1,900m
【品種】ブルボン、カトゥーラ、カトゥアイ/Bourbon,Caturra,Catuai

 

ウナプーとは先住民族であったインディオ、ボルカンデアグアと呼ばれた古都アンティグアに住むマヤの一族によって名付けられました。アグア火山に連なる斜面に小さな区画を持つ小規模生産者たちは500にものぼります。 栽培される品種は伝統的なブルボンの他、カトゥーラ、カトゥアイ等が植えられており、当地域の代表を務めるフランシスコ氏によって集積されたのち、ふもとのベジャビスタミルに運ばれます。最近では同氏の他にチェリーを持ち込む代表者も増え、結果様々なロットが構成されています。 生産者たちはみな品質の向上に熱意を持ち、多大な努力を惜しみません。当農園は農園技師によるガイダンスに従って栄養状況の管理、細胞組織の検査、病害虫対策など、基本をしっかり押さえた取り組みを行っており、ウナプーのテロワールは正統派ともいえるアンティグアのコーヒーとしてのアイデンティティーを表しています。


 
 
【珈琲の挽き方の目安】
 
★豆のまま(コーヒーは、香りのカプセルだからダントツお勧め)

□ 粉(おまかせ/中粗挽きと中細挽きの中間)
□ 粗挽き(コーヒープレス/パーコレーター)
□ 中粗挽き(金属フィルター/ネルフィルター)
□ 中細挽き(ペーパーフィルター)
□ 細挽き(直火式エスプレッソ)
□ 極細挽き(エスプレッソマシン)

*お客様の使用する器具に合わせて挽き具合を選択してください。

 

 
★ヴォアラ珈琲のおススメは断然【豆のまま】での購入です。
コーヒー豆は香りを閉じ込めた「香りのカプセル」です。お客様がコーヒーをいれる直前にそのカプセルを開けていただく(=挽く)ことが、美味しく飲んでいただく一番のコツです。